1. ホーム
  2. ハイドロキノン
  3. ハイドロキノンは白斑の危険をはらんでいる?

 

 

ハイドロキノンは白斑の危険をはらんでいる?

スベスベ_肌

“肌の漂白剤”と呼ばれている美白化粧品としては、唯一のできてしまったシミにも有効な成分ハイドロキノン

これは、元々、写真の現像などの還元剤、ゴムの酸化防止剤や染料としても、利用されててきた成分なんです。

そして、写真の現像をしていた人の肌の色が白くなったことから、ハイドロキノンに美白作用のあることから、アメリカでは、シミや色素沈着の美白成分として使用されてきました。

日本では、ハイドロキノンベンジルエーテルという薬品が使用されてきました。
ですが、肌の一部が真っ白になってしまう“白斑”という肌トラブルが多発したために、厚生労働省がハイドロキノンベンジルエーテルを化粧品に配合することを規制し、同時に構造が似ているハイドロキノンにも規制がかけられました。

スポンサードリンク

 

さまざまな肌トラブルをひきおこしてしまう

白斑

ハイドロキノンベンジルエーテルに構造が似ているハイドロキノンにも規制がかけられてしまいましたが、実際には、ハイドロキノンベンジルエーテルとハイドロキノンは別物でハイドロキノンの作用は穏やかなものです。

とはいいつつも、ハイドロキノンも様々な副作用が確認されています。

ハイドロキノンの副作用で上げられるのは、

  • 赤くなる
  • 痛み(ヒリヒリ、ピリピリ)
  • かゆみ
  • 表皮が剥がれる
  • 肌のカサつき
  • 新たな色素沈着
  • アレルギー症状
  • 皮膚炎
  • 白斑

この白斑というのは、お肌の一部が他の部分よりも明らかな白色になってしまう状態です

このように白斑になってしまうと、ファンデーションやコンシーラーで隠すのも難しいので、ハイドロキノンや、ハイドロキノン配合の化粧品を使う場合は、注意が必要です。

ハイドロキノンで肌トラブルなどの危険を避けるには

ビーグレン_ホワイトプログラム

赤くなる、痛み(ヒリヒリ、ピリピリ)、かゆみ、表皮が剥がれる、肌のカサつきなどの症状になってしまった場合は、しばらく使うのを止めることで改善されます。

ハイドロキノンは、メラニンの生成を阻害する働きがあるため、高濃度のもの低濃度関わらず一年以上の長期にわたり同じ箇所に使い続けると、メラニン色素を作れなくしてしまいます

このメラニン色素を作れなくしてしまうことで、紫外線からお肌を守ってくれなくなってしまいますので、紫外線をお肌がダイレクトに受け止めてしまい、シミが濃くなってしまうんです!

ですので、1年使用したら、しばらく使用を止めて休憩して、その間は、アルブチンなどのハイドロキノン以外の美白化粧品でスキンケアをしましょう

ハイドロキノンは、白斑のような肌トラブルを起こす可能性は秘めていますが、5%以下の濃度のハイドロキノンでは、白斑は報告されていないんです!

ですので、ビーグレンのホワイトクリーム1.9のような低濃度では、白斑のような深刻な肌トラブルの心配はありません

まとめ

ビーグレン ホワイトケアの詳細は公式サイトで↓↓↓

より早く、シミを消す。b.glen

スポンサードリンク

 

 

関連記事

  1. ホーム
  2. ハイドロキノン
  3. ハイドロキノンは白斑の危険をはらんでいる?

 

 

 

ハイドロキノンは白斑の危険をはらんでいる?

スベスベ_肌

“肌の漂白剤”と呼ばれている美白化粧品としては、唯一のできてしまったシミにも有効な成分ハイドロキノン

これは、元々、写真の現像などの還元剤、ゴムの酸化防止剤や染料としても、利用されててきた成分なんです。

そして、写真の現像をしていた人の肌の色が白くなったことから、ハイドロキノンに美白作用のあることから、アメリカでは、シミや色素沈着の美白成分として使用されてきました。

日本では、ハイドロキノンベンジルエーテルという薬品が使用されてきました。
ですが、肌の一部が真っ白になってしまう“白斑”という肌トラブルが多発したために、厚生労働省がハイドロキノンベンジルエーテルを化粧品に配合することを規制し、同時に構造が似ているハイドロキノンにも規制がかけられました。

スポンサードリンク

さまざまな肌トラブルをひきおこしてしまう

白斑

ハイドロキノンベンジルエーテルに構造が似ているハイドロキノンにも規制がかけられてしまいましたが、実際には、ハイドロキノンベンジルエーテルとハイドロキノンは別物でハイドロキノンの作用は穏やかなものです。

とはいいつつも、ハイドロキノンも様々な副作用が確認されています。

ハイドロキノンの副作用で上げられるのは、

  • 赤くなる
  • 痛み(ヒリヒリ、ピリピリ)
  • かゆみ
  • 表皮が剥がれる
  • 肌のカサつき
  • 新たな色素沈着
  • アレルギー症状
  • 皮膚炎
  • 白斑

この白斑というのは、お肌の一部が他の部分よりも明らかな白色になってしまう状態です

このように白斑になってしまうと、ファンデーションやコンシーラーで隠すのも難しいので、ハイドロキノンや、ハイドロキノン配合の化粧品を使う場合は、注意が必要です。

ハイドロキノンで肌トラブルなどの危険を避けるには

ビーグレン_ホワイトプログラム

赤くなる、痛み(ヒリヒリ、ピリピリ)、かゆみ、表皮が剥がれる、肌のカサつきなどの症状になってしまった場合は、しばらく使うのを止めることで改善されます。

ハイドロキノンは、メラニンの生成を阻害する働きがあるため、高濃度のもの低濃度関わらず一年以上の長期にわたり同じ箇所に使い続けると、メラニン色素を作れなくしてしまいます

このメラニン色素を作れなくしてしまうことで、紫外線からお肌を守ってくれなくなってしまいますので、紫外線をお肌がダイレクトに受け止めてしまい、シミが濃くなってしまうんです!

ですので、1年使用したら、しばらく使用を止めて休憩して、その間は、アルブチンなどのハイドロキノン以外の美白化粧品でスキンケアをしましょう

ハイドロキノンは、白斑のような肌トラブルを起こす可能性は秘めていますが、5%以下の濃度のハイドロキノンでは、白斑は報告されていないんです!

ですので、ビーグレンのホワイトクリーム1.9のような低濃度では、白斑のような深刻な肌トラブルの心配はありません

まとめ

ビーグレン ホワイトケアの詳細は公式サイトで↓↓↓
より早く、シミを消す。b.glen

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク