1. ホーム
  2. シミについて
  3. シミの改善に最適な方法を比較!

 

 

シミの改善に最適な方法を比較!

シミの改善に最適な方法を比較!

ビーグレンなどの美白化粧品、医療機関での処方してくれるハイドロキノンやトレチノイン、医療機関でのレーザー治療、市販の服用タイプのシミ改善薬ってどれが一番シミを改善できるの?

といった疑問をパッと見で判断できるような比較 一覧表を作ってみました。

スポンサードリンク

 

美白化粧品を使ってもシミは消えない

  ビーグレン 皮膚科
ハイドロキノン
トレチノイン
皮膚科
レーザー治療
市販薬(服用)
総合評価 65点 80点 70点 40点
即効性

×

紫外線の影響を
受けにくい

×

×

×

再発防止

副作用がすくない

安全性

経済的

実感度

即効性ならレーザー治療がダントツです。

安全性がダントツなのは市販薬(服用)。

全てを総合すると皮膚科でハイドロキノン、トレチノインを処方してもらうというのが一番総合点が高いです。
即効性はレーザー治療には負けますが、なかなかの美白効果が期待できます。

シミ 改善方法のためのメリット・デメリット

シミ 改善方法のためのメリット・デメリット

ビーグレン ホワイトクリーム1.9

メリット

  • 365日全額返金保証がある
  • もし効果を実感できなくても、全額返金保証があるので気軽に試せる

  • 送料・手数料無料
  • 送料・手数料がかからならない

  • 自宅に届く
  • 外に出ることなく手に入るため買いに行く面倒がない

  • 専門家に相談できる
  • ビーグレンのカスタマーサービスにわからないことを聞ける

  • 誰にも知られずにはじめられる
  • ひっそりはじめたい方にはうってつけです

デメリット

  • 高価
  • ドクターズコスメなのでドラッグストアで売っているような化粧品より高価

  • 通販でしか買えない
  • ドラッグストアで気軽に買うことができません

  • アレルギー反応を示す人もいる
  • ハイドロキノンはアレルゲンなので、アレルギー反応を示す人もいる
    紫外線対策をしっかりしないと、以前よりも悪化してしまうこともあります。
    長期戦で臨む覚悟が必要です。

ハイドロキノンは紫外線によって酸化してお肌への刺激が増します
その結果、シミが濃くなってしまうこともあるため、紫外線対策はキッチリとしましょう!

↓↓↓紫外線対策について詳しく書いてみました。
驚愕!紫外線対策のシミへの危険!

皮膚科 ハイドロキノン・トレチノイン

メリット

  • ビーグレンなどのハイドロキノン化粧品より効果が高い
  • 医療機関でもらうハイドロキノンは高濃度なので高い効果が期待できる

  • 医師に相談できるから安全・安心
  • 医師の指示の元始められるので安心感が違う

  • 医師がシミの種類と特定してくれるため効果的
  • 医師がシミの種類を特定してくれるので、それに沿った処方により高い効果が期待できる

  • 今後のスキンケアで予防策も聞ける
  • 今後のシミ防止はどうしたらいいかなど、新しいシミを作らないためのアドバイスを得られる

デメリット

  • 受診しないといけない
  • 医療機関で受診しないともらえないため、誰にも知られずにひっそりとはじめることができません

  • 効果が高い分副作用も大きい
  • 高濃度ハイドロキノンは、効果が高い分副作用も大きく誤った使い方をすると白斑などの危険が伴う
    医師の指示を聞いて用法・用量を守って使用しましょう

  • 基本的に保険がきかないため高額になってしまう
  • 基本的に美容としての扱いになるので保険が聞きません

医師の指示と自信のハイドロキノンの知識がないとシミが濃くなってしまうこともあります。
紫外線対策をキッチリとしないと悪化してしまいます。

※経験豊富な医師じゃないと誤診で肌トラブルになってしまうこともあるそうです。

一般的な信頼できる医師の選び方

皮膚科 レーザー治療

メリット

  • 即効性がある
  • 一ヶ所数十分で1~3回で改善が期待できる

  • ピンポイントなので他の箇所を傷つけない
  • 黒い部分に焦点を当てて照射するので他の皮膚を傷つけない
    シミの根本から壊滅させ、真皮にまで達した濃いシミにも改善が期待できる

デメリット

  • アフターケア
  • 術後患部にカサブタが出来てしまい、カサブタが取れるまで紫外線対策を徹底しましょう
    お肌の保護機能が著しく低下しているため紫外線対策をキッチリしましょう

  • シミが悪化することもある
  • シミの種類によってレーザー治療の方法も異なる
    シミの種類の特定を誤るとシミが悪化してしまうこともある

  • 今後のシミに対するスキンケアをしっかり
  • 現在のシミは根本から取り去っても、今後出来てしまう可能性もあります
    正しいシミのケアや体質を知ってできる限りの努力をしましょう

    ↓↓↓シミができやすい体質かできにくい体質かわかる簡単なゲームを作りました(PC用)
    シミの原因は体質にあるってホント?

  • やけど・炎症・色素沈着をまねくこともある
  • レーザーの照射によっては、やけどや炎症、色素沈着といった危険を招くこともあります
    施術前より悪化したケースもあります

医師によっては、シミの種類の特定を誤りシミが悪化してしまうこともあります。

一般的な信頼できる医師の選び方

市販薬(服用)

メリット

  • 処方箋不要で手軽に入手できる
  • ドラッグストア、ネットでの購入ができるためお手軽にはじめられます

  • 効き目がマイルドなため副作用が少ない
  • 誰にでも仕えるということは、危険が少ないということなので、危険を少なくするには成分が弱まるということです

    そのため、効果もマイルドなので長期的に継続することで効果が期待できる

デメリット

  • 効果を実感できるかわからない
  • 自己診断になるので、シミの種類をちゃんと特定できないと効果は得られない

  • 不安が付きまとう
  • 自分だけの判断で使用するので、これで合ってるの?という不安がずっと抜けない

@コスメなどの口コミをしっかり読んで、自分にも適しているのかよく吟味しましょう

まとめ

それぞれ一長一短があって、どれが一番いいですよ!
とはいえないですが、最善の選択をしてシミ改善してくださいね♪

信頼できる医師の選び方

  • 診察のたびに皮膚を診てくれる
  • 医師の中には、皮膚の状態も診ずに一瞬で診察を済ませてしまう医師もいます
    そして、毎回同じくすりを処方する

  • 困っていることに対し真摯に向き合ってくれない
  • 「夜かゆくて眠れない」「お風呂から出たらかゆくてひっかいてしまう」といったことにも、真剣に対処法を考えてくれない

  • 薬の処方のたびに説明しない
  • 信頼できる医師というのは「合併症を招きかねないから、3日だけこの薬出しますね」など詳しく説明してくれるものです

  • 悪化の原因や日常生活での対処法などがおざなり
  • 一緒に原因を考えるなどのような対応は時間がかかってしまうために嫌がる医師もいます

  • 質問したことに答えてくれない
  • 患者が心配事を言っても、「私を信用してください」といったような返答しかくれないと不安もましてしまいます

  • 診察に時間をかけてくれない
  • あまりにも診療時間が短い

などに当てはまるような医師は信頼できない医師といえます。
シミを悪化させないために信頼できる医師を見つけてくださいね。

スポンサードリンク

 

 

関連記事

  1. ホーム
  2. シミについて
  3. シミの改善に最適な方法を比較!

 

 

 

シミの改善に最適な方法を比較!

シミの改善に最適な方法を比較!

ビーグレンなどの美白化粧品、医療機関での処方してくれるハイドロキノンやトレチノイン、医療機関でのレーザー治療、市販の服用タイプのシミ改善薬ってどれが一番シミを改善できるの?

といった疑問をパッと見で判断できるような比較 一覧表を作ってみました。

スポンサードリンク

美白化粧品を使ってもシミは消えない

  ビーグレン 皮膚科
ハイドロキノン
トレチノイン
皮膚科
レーザー治療
市販薬(服用)
総合評価 65点 80点 70点 40点
即効性

×

紫外線の影響を
受けにくい

×

×

×

再発防止

副作用がすくない

安全性

経済的

実感度

即効性ならレーザー治療がダントツです。

安全性がダントツなのは市販薬(服用)。

全てを総合すると皮膚科でハイドロキノン、トレチノインを処方してもらうというのが一番総合点が高いです。
即効性はレーザー治療には負けますが、なかなかの美白効果が期待できます。

シミ 改善方法のためのメリット・デメリット

シミ 改善方法のためのメリット・デメリット

ビーグレン ホワイトクリーム1.9

メリット

  • 365日全額返金保証がある
  • もし効果を実感できなくても、全額返金保証があるので気軽に試せる

  • 送料・手数料無料
  • 送料・手数料がかからならない

  • 自宅に届く
  • 外に出ることなく手に入るため買いに行く面倒がない

  • 専門家に相談できる
  • ビーグレンのカスタマーサービスにわからないことを聞ける

  • 誰にも知られずにはじめられる
  • ひっそりはじめたい方にはうってつけです

デメリット

  • 高価
  • ドクターズコスメなのでドラッグストアで売っているような化粧品より高価

  • 通販でしか買えない
  • ドラッグストアで気軽に買うことができません

  • アレルギー反応を示す人もいる
  • ハイドロキノンはアレルゲンなので、アレルギー反応を示す人もいる
    紫外線対策をしっかりしないと、以前よりも悪化してしまうこともあります。
    長期戦で臨む覚悟が必要です。

ハイドロキノンは紫外線によって酸化してお肌への刺激が増します
その結果、シミが濃くなってしまうこともあるため、紫外線対策はキッチリとしましょう!

↓↓↓紫外線対策について詳しく書いてみました。
驚愕!紫外線対策のシミへの危険!

皮膚科 ハイドロキノン・トレチノイン

メリット

  • ビーグレンなどのハイドロキノン化粧品より効果が高い
  • 医療機関でもらうハイドロキノンは高濃度なので高い効果が期待できる

  • 医師に相談できるから安全・安心
  • 医師の指示の元始められるので安心感が違う

  • 医師がシミの種類と特定してくれるため効果的
  • 医師がシミの種類を特定してくれるので、それに沿った処方により高い効果が期待できる

  • 今後のスキンケアで予防策も聞ける
  • 今後のシミ防止はどうしたらいいかなど、新しいシミを作らないためのアドバイスを得られる

デメリット

  • 受診しないといけない
  • 医療機関で受診しないともらえないため、誰にも知られずにひっそりとはじめることができません

  • 効果が高い分副作用も大きい
  • 高濃度ハイドロキノンは、効果が高い分副作用も大きく誤った使い方をすると白斑などの危険が伴う
    医師の指示を聞いて用法・用量を守って使用しましょう

  • 基本的に保険がきかないため高額になってしまう
  • 基本的に美容としての扱いになるので保険が聞きません

医師の指示と自信のハイドロキノンの知識がないとシミが濃くなってしまうこともあります。
紫外線対策をキッチリとしないと悪化してしまいます。

※経験豊富な医師じゃないと誤診で肌トラブルになってしまうこともあるそうです。

一般的な信頼できる医師の選び方

皮膚科 レーザー治療

メリット

  • 即効性がある
  • 一ヶ所数十分で1~3回で改善が期待できる

  • ピンポイントなので他の箇所を傷つけない
  • 黒い部分に焦点を当てて照射するので他の皮膚を傷つけない
    シミの根本から壊滅させ、真皮にまで達した濃いシミにも改善が期待できる

デメリット

  • アフターケア
  • 術後患部にカサブタが出来てしまい、カサブタが取れるまで紫外線対策を徹底しましょう
    お肌の保護機能が著しく低下しているため紫外線対策をキッチリしましょう

  • シミが悪化することもある
  • シミの種類によってレーザー治療の方法も異なる
    シミの種類の特定を誤るとシミが悪化してしまうこともある

  • 今後のシミに対するスキンケアをしっかり
  • 現在のシミは根本から取り去っても、今後出来てしまう可能性もあります
    正しいシミのケアや体質を知ってできる限りの努力をしましょう

    ↓↓↓シミができやすい体質かできにくい体質かわかる簡単なゲームを作りました(PC用)
    シミの原因は体質にあるってホント?

  • やけど・炎症・色素沈着をまねくこともある
  • レーザーの照射によっては、やけどや炎症、色素沈着といった危険を招くこともあります
    施術前より悪化したケースもあります

医師によっては、シミの種類の特定を誤りシミが悪化してしまうこともあります。

一般的な信頼できる医師の選び方

市販薬(服用)

メリット

  • 処方箋不要で手軽に入手できる
  • ドラッグストア、ネットでの購入ができるためお手軽にはじめられます

  • 効き目がマイルドなため副作用が少ない
  • 誰にでも仕えるということは、危険が少ないということなので、危険を少なくするには成分が弱まるということです

    そのため、効果もマイルドなので長期的に継続することで効果が期待できる

デメリット

  • 効果を実感できるかわからない
  • 自己診断になるので、シミの種類をちゃんと特定できないと効果は得られない

  • 不安が付きまとう
  • 自分だけの判断で使用するので、これで合ってるの?という不安がずっと抜けない

@コスメなどの口コミをしっかり読んで、自分にも適しているのかよく吟味しましょう

まとめ

それぞれ一長一短があって、どれが一番いいですよ!
とはいえないですが、最善の選択をしてシミ改善してくださいね♪

信頼できる医師の選び方

  • 診察のたびに皮膚を診てくれる
  • 医師の中には、皮膚の状態も診ずに一瞬で診察を済ませてしまう医師もいます
    そして、毎回同じくすりを処方する

  • 困っていることに対し真摯に向き合ってくれない
  • 「夜かゆくて眠れない」「お風呂から出たらかゆくてひっかいてしまう」といったことにも、真剣に対処法を考えてくれない

  • 薬の処方のたびに説明しない
  • 信頼できる医師というのは「合併症を招きかねないから、3日だけこの薬出しますね」など詳しく説明してくれるものです

  • 悪化の原因や日常生活での対処法などがおざなり
  • 一緒に原因を考えるなどのような対応は時間がかかってしまうために嫌がる医師もいます

  • 質問したことに答えてくれない
  • 患者が心配事を言っても、「私を信用してください」といったような返答しかくれないと不安もましてしまいます

  • 診察に時間をかけてくれない
  • あまりにも診療時間が短い

などに当てはまるような医師は信頼できない医師といえます。
シミを悪化させないために信頼できる医師を見つけてくださいね。

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク