1. ホーム
  2. スキンケア
  3. シミって洗顔で消すことはできるの?

 

 

シミって洗顔で消すことはできるの?

シミって洗顔で消すことはできるの?

洗顔でシミを消すことはできません。

でも、洗顔でシミを薄くできるタイプのシミもあります。

また即効性はないですが、洗顔も含めた正しいスキンケアでお肌の状態を戻すことでターンオーバーも正常な状態に戻ってきます

ターンオーバーを正常に戻すと、シミを体外に排出してくれますし、肌トラブルも起こらないお肌になってきます。

スポンサードリンク

 

洗顔でシミを消すことはできない

洗顔でシミを消すことはできない

洗顔シミ消すことはできません。

ですが、洗顔で薄くなるタイプのシミを薄くすることはできます

洗顔で薄くなるタイプのシミとしては、

このようなタイプのシミは洗顔に気をつけることで改善するタイプのシミです。

肌トラブルが絶えないのは代謝が悪い

肌トラブルが絶えないのは代謝が悪い

代謝が悪くなる原因はさまざまです。

皮脂は皮脂腺で作られた脂が産毛をつたって表面に出てきてお肌を潤しています。

ところが、古い角質を取りきれてないなど、何らかの原因で毛穴や皮脂腺が詰まってしまって、そこにアクネ菌が悪さをすることで炎症を起こしてしまうとニキビになってしまいます

また、あなたが乾燥肌だと思っているのは実は乾燥肌ではないかもしれません。

皮脂がお肌の表面に出てくるときは液体ですが、汗と混ざり合って水分が蒸発すると乾いてしまいます
この乾いたあとの皮脂が固まり、お肌の上に溜まってくるとジャリジャリしたツブになってしまいます。

また毛穴が詰まってしまうと皮脂がお肌の表面に出て来れなくなり乾燥してしまいます。

ですので、あなたの思っている乾燥肌は正しいスキンケアをすれば改善されるかもしれません。

洗顔料は弱アルカリ性

洗顔料は弱アルカリ性

お肌は弱酸性です。

だからよくお肌に近い弱酸性の成分でできた石鹸がいいといわれているんです。

でも、コレが間違いなんです!!

弱酸性のだと、表皮のタンパク質はしっかり結びついているので、お肌の古い角質は落としきれないのです。

ですから、まず弱アルカリ性の石鹸で、お肌のタンパク質の結びつきを緩めます
緩まったタンパク質はこすらなくてもするりと落ちるようになります。
物理的な刺激もなくなりますので、摩擦黒皮症のようなタイプのシミはできなくなります。

名湯といわれている温泉に入ると、お肌の表面がぬるぬるしてきませんか?
あれは、温泉の弱アルカリ性がお肌の表面の角質層の結びつきを揺る得ているからぬるぬるしているんです。
そのため、お風呂上りにお肌がツルツルになるんです。

正しい洗顔でシミを消す

気泡は毛穴に入るほど小さくない

気泡は毛穴に入るほど小さくない

よく言われている泡立ててからの洗顔ではお肌の古い角質は取れませんなんです!!。

確かに泡によって摩擦は減りますが、古い角質はこれでは取れないんです!!
泡の気泡は毛穴に入るほど小さくはないのです。

お肌の古い角質を取るには、洗顔料を水でペースト状にして頬で泡立てます。

このペースト状の石鹸成分がお肌の上で泡立てる過程でお肌の古い角質を取り除いてくれます

洗顔する際のお湯の温度はぬるま湯が最適です。
冷水だとお肌を引き締めてしまうのでその後の化粧水がしっかりお肌に浸透しなくなります。
また熱いお湯だと皮脂を奪いすぎてしまうのでぬるま湯ですすぐことが正しい温度です。

頬で泡を育てる

頬で泡を育てる

手のひらに洗顔料をペースト状になるように少し練ります

泡立たせないで頬と額に洗顔料を広げて泡を作っていきます

手のひらでくるくる

手のひらでくるくる

手のひら全体で顔を包んで、泡をつぶさないように撫で洗いします

毛詰まりゾーンは念入りに

手のひらでくるくる

汚れが残りやすいゾーンは指先で洗う

小鼻のまわりは黒ずみができやすいので指の腹で丁寧に優しく洗いましょう

すすぐ

すすぐ

すすぎはお湯で泡を落としていくイメージです

すすぎはしっかり時間をかけて洗顔料を落としましょう

    洗顔料の落とし忘れないように
  • 髪の生え際
  • 小鼻の周辺
  • フェイスライン

などは洗顔料を落としきれないことが多いので、しっかりすすぎましょう。

弱アルカリ性のクレンジング剤でクレンジングマッサージをしてから、弱アルカリ性の洗顔料で洗顔、最後は弱酸性の化粧水でお肌を引き締めます

この緩める→引き締めるを繰り返すことで、お肌の状態が戻ってきて柔らかさも戻ってきます。

お肌の状態が正常になればターンオーバーも正常にもどってくるので、シミや肌トラブルも改善されてきます。

 

クレンジングマッサージのやり方について詳しく書いています。
興味があったら見てください↓↓↓
シミ、そばかすが気になったら美白コスメは正解?

まとめ

緩める→引き締めるを繰り返すことで、お肌の状態を正常に戻せます。

お肌の状態が整えばターンオーバーも正常に戻ってきますので、シミを体外に排出し、肌トラブルも改善してくれます。

スポンサードリンク

 

 

関連記事

  1. ホーム
  2. スキンケア
  3. シミって洗顔で消すことはできるの?

 

 

 

シミって洗顔で消すことはできるの?

シミって洗顔で消すことはできるの?

洗顔でシミを消すことはできません。

でも、洗顔でシミを薄くできるタイプのシミもあります。

また即効性はないですが、洗顔も含めた正しいスキンケアでお肌の状態を戻すことでターンオーバーも正常な状態に戻ってきます

ターンオーバーを正常に戻すと、シミを体外に排出してくれますし、肌トラブルも起こらないお肌になってきます。

スポンサードリンク

洗顔でシミを消すことはできない

洗顔でシミを消すことはできない

洗顔シミ消すことはできません。

ですが、洗顔で薄くなるタイプのシミを薄くすることはできます

洗顔で薄くなるタイプのシミとしては、

このようなタイプのシミは洗顔に気をつけることで改善するタイプのシミです。

肌トラブルが絶えないのは代謝が悪い

肌トラブルが絶えないのは代謝が悪い

代謝が悪くなる原因はさまざまです。

皮脂は皮脂腺で作られた脂が産毛をつたって表面に出てきてお肌を潤しています。

ところが、古い角質を取りきれてないなど、何らかの原因で毛穴や皮脂腺が詰まってしまって、そこにアクネ菌が悪さをすることで炎症を起こしてしまうとニキビになってしまいます

また、あなたが乾燥肌だと思っているのは実は乾燥肌ではないかもしれません。

皮脂がお肌の表面に出てくるときは液体ですが、汗と混ざり合って水分が蒸発すると乾いてしまいます
この乾いたあとの皮脂が固まり、お肌の上に溜まってくるとジャリジャリしたツブになってしまいます。

また毛穴が詰まってしまうと皮脂がお肌の表面に出て来れなくなり乾燥してしまいます。

ですので、あなたの思っている乾燥肌は正しいスキンケアをすれば改善されるかもしれません。

洗顔料は弱アルカリ性

洗顔料は弱アルカリ性

お肌は弱酸性です。

だからよくお肌に近い弱酸性の成分でできた石鹸がいいといわれているんです。

でも、コレが間違いなんです!!

弱酸性のだと、表皮のタンパク質はしっかり結びついているので、お肌の古い角質は落としきれないのです。

ですから、まず弱アルカリ性の石鹸で、お肌のタンパク質の結びつきを緩めます
緩まったタンパク質はこすらなくてもするりと落ちるようになります。
物理的な刺激もなくなりますので、摩擦黒皮症のようなタイプのシミはできなくなります。

名湯といわれている温泉に入ると、お肌の表面がぬるぬるしてきませんか?
あれは、温泉の弱アルカリ性がお肌の表面の角質層の結びつきを揺る得ているからぬるぬるしているんです。
そのため、お風呂上りにお肌がツルツルになるんです。

正しい洗顔でシミを消す

気泡は毛穴に入るほど小さくない

気泡は毛穴に入るほど小さくない

よく言われている泡立ててからの洗顔ではお肌の古い角質は取れませんなんです!!。

確かに泡によって摩擦は減りますが、古い角質はこれでは取れないんです!!
泡の気泡は毛穴に入るほど小さくはないのです。

お肌の古い角質を取るには、洗顔料を水でペースト状にして頬で泡立てます。

このペースト状の石鹸成分がお肌の上で泡立てる過程でお肌の古い角質を取り除いてくれます

洗顔する際のお湯の温度はぬるま湯が最適です。
冷水だとお肌を引き締めてしまうのでその後の化粧水がしっかりお肌に浸透しなくなります。
また熱いお湯だと皮脂を奪いすぎてしまうのでぬるま湯ですすぐことが正しい温度です。

頬で泡を育てる

頬で泡を育てる

手のひらに洗顔料をペースト状になるように少し練ります

泡立たせないで頬と額に洗顔料を広げて泡を作っていきます

手のひらでくるくる

手のひらでくるくる

手のひら全体で顔を包んで、泡をつぶさないように撫で洗いします

毛詰まりゾーンは念入りに

手のひらでくるくる

汚れが残りやすいゾーンは指先で洗う

小鼻のまわりは黒ずみができやすいので指の腹で丁寧に優しく洗いましょう

すすぐ

すすぐ

すすぎはお湯で泡を落としていくイメージです

すすぎはしっかり時間をかけて洗顔料を落としましょう

    洗顔料の落とし忘れないように
  • 髪の生え際
  • 小鼻の周辺
  • フェイスライン

などは洗顔料を落としきれないことが多いので、しっかりすすぎましょう。

弱アルカリ性のクレンジング剤でクレンジングマッサージをしてから、弱アルカリ性の洗顔料で洗顔、最後は弱酸性の化粧水でお肌を引き締めます

この緩める→引き締めるを繰り返すことで、お肌の状態が戻ってきて柔らかさも戻ってきます。

お肌の状態が正常になればターンオーバーも正常にもどってくるので、シミや肌トラブルも改善されてきます。

 

クレンジングマッサージのやり方について詳しく書いています。
興味があったら見てください↓↓↓
シミ、そばかすが気になったら美白コスメは正解?

まとめ

緩める→引き締めるを繰り返すことで、お肌の状態を正常に戻せます。

お肌の状態が整えばターンオーバーも正常に戻ってきますので、シミを体外に排出し、肌トラブルも改善してくれます。

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク