1. ホーム
  2. ハイドロキノン
  3. ハイドロキノンの危険性は白斑だけじゃない!

 

 

ハイドロキノンの危険性は白斑だけじゃない!

cry.jpg

ハイドロキノンって危険性が高いっていうイメージを持っている人多いと思います。

それは、とても強い成分のため、お肌が荒れる赤くなるヒリヒリする白斑など。

ハイドロキノンの危険性は白斑だけではありませんが、ハイドロキノンの危険な部分を知ることで安全に使うことができます
その理由を今からお話します。

スポンサードリンク

ハイドロキノンが危険といわれる理由

ハイドロキノンは強い成分ゆえ効果も高い

ハイドロキノンは強い成分ゆえ効果も高い

ハイドロキノンはとても強い成分のため、人によってはお肌に合わず炎症や赤みを起こすことがあります。
使用前は必ずパッチテストを行いましょう。

ハイドロキノンは酸化しやすい

ハイドロキノンは酸化しやすい

ハイドロキノンは酸化しやすい成分です。
酸化したものを使うと色素沈着かぶれなど、さまざまな肌トラブルの元となってしまいます。

ハイドロキノンは紫外線の影響を受けやすい

ハイドロキノンは紫外線の影響を受けやすい

ハイドロキノンは紫外線に当たると酸化してしまいます。
酸化すると刺激が強くなります

そのため、ハイドロキノンの使用は夜の使用が望ましいとされています。

ハイドロキノンの長期的な使用

ハイドロキノンの長期的な使用

ハイドロキノンはメラニン色素が作られるメラノサイトそのものの働きを抑制する成分です。
そのため、メラニン色素を作る働きを失ってしまい部分的に色が抜けてしまい白斑となる可能性が出てきます。

ただこの白斑というのは高濃度のハイドロキノンの使用というデータになります。

厚生省の推奨値以上の濃度

厚生省の推奨値以上の濃度

日本でハイドロキノンの使用が許可されたのは2001年。
なぜ使用が禁止されていたかというと、副作用が原因となっています。

ハイドロキノンは濃度が高ければ高いほど、美白の効果も強くなります。
その反面、お肌がかぶれたり、赤くなったり、ヒリヒリしたりといった肌トラブルが起こります。 その他にも白斑ができたり、アレルギーが出ることもあるなどの肌トラブルが報告されたためです。

そのため、日本ではハイドロキノンの配合率は厳しく取り締まられていて、厚生省が推奨している濃度は2%以下となっています。

そんな中、利用者の安全性よりも利益を優先している一部の化粧品会社も存在します。 そのような会社では、4%~10%もの高濃度を配合したハイドロキノン化粧品が販売されています。
ですが、厚生相が発表したのは、あくまでも推奨値なので薬事法違反にはなりません。

高濃度だからといって安易に飛びついてしまうと、お肌に取り返しのつかないトラブルが起こってしまいますよ!

ハイドロキノン配合のビーグレン ホワイトクリーム1.9が安全な理由

ビーグレン ホワイトクリーム1.9が安全な理由

酸化しやすいために夜の使用を推奨している

たとえ夜の使用でも、シミをこれ以上増やさないためにはUV対策はキッチリするにこしたことはありません。

UV対策については今調査中ですので、近日中に記事にします。

長期的な使用

ハイドロキノンの白斑の危険性は高濃度ハイドロキノンといわれています。
5%以下のハイドロキノン化粧品の一般的な使用では白斑になったという症例は確認されていないそうです。

厚生省の推奨値の濃度

ビーグレン ホワイトクリーム1.9に配合されている濃度は1.9%になります。
厚生省の推奨する値です。

高濃度ハイドロキノンを使用したい人へ

副作用は気になるけど、もう少し高濃度のハイドロキノンを試してみたいという人は一度皮膚科で相談してみることをオススメします。

5%~10%の高濃度のものが処方されます。 処方されたハイドロキノンは保険が利きませんので、高額な費用がかかってしまいます

費用は4%の濃度で、5g 2,000円前後です。
5%以上となると取り扱っている皮膚科も少ないようです。

まとめ

肌の漂白剤といわれるハイドロキノンですが、高濃度では白斑の危険性は拭えませんが、4%以下では白斑の症例は確認されていません。

参考にしてみてくださいね!

ビーグレン ホワイトケアの詳細は公式サイトで↓↓↓

より早く、シミを消す。b.glen

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事

  1. ホーム
  2. ハイドロキノン
  3. ハイドロキノンの危険性は白斑だけじゃない!

 

 

ハイドロキノンの危険性は白斑だけじゃない!

cry.jpg

ハイドロキノンって危険性が高いっていうイメージを持っている人多いと思います。

それは、とても強い成分のため、お肌が荒れる赤くなるヒリヒリする白斑など。

ハイドロキノンの危険性は白斑だけではありませんが、ハイドロキノンの危険な部分を知ることで安全に使うことができます
その理由を今からお話します。

スポンサードリンク

 

ハイドロキノンが危険といわれる理由

ハイドロキノンは強い成分ゆえ効果も高い

ハイドロキノンは強い成分ゆえ効果も高い

ハイドロキノンはとても強い成分のため、人によってはお肌に合わず炎症や赤みを起こすことがあります。
使用前は必ずパッチテストを行いましょう。

ハイドロキノンは酸化しやすい

ハイドロキノンは酸化しやすい

ハイドロキノンは酸化しやすい成分です。
酸化したものを使うと色素沈着かぶれなど、さまざまな肌トラブルの元となってしまいます。

ハイドロキノンは紫外線の影響を受けやすい

ハイドロキノンは紫外線の影響を受けやすい

ハイドロキノンは紫外線に当たると酸化してしまいます。
酸化すると刺激が強くなります

そのため、ハイドロキノンの使用は夜の使用が望ましいとされています。

ハイドロキノンの長期的な使用

ハイドロキノンの長期的な使用

ハイドロキノンはメラニン色素が作られるメラノサイトそのものの働きを抑制する成分です。
そのため、メラニン色素を作る働きを失ってしまい部分的に色が抜けてしまい白斑となる可能性が出てきます。

ただこの白斑というのは高濃度のハイドロキノンの使用というデータになります。

厚生省の推奨値以上の濃度

厚生省の推奨値以上の濃度

日本でハイドロキノンの使用が許可されたのは2001年。
なぜ使用が禁止されていたかというと、副作用が原因となっています。

ハイドロキノンは濃度が高ければ高いほど、美白の効果も強くなります。
その反面、お肌がかぶれたり、赤くなったり、ヒリヒリしたりといった肌トラブルが起こります。 その他にも白斑ができたり、アレルギーが出ることもあるなどの肌トラブルが報告されたためです。

そのため、日本ではハイドロキノンの配合率は厳しく取り締まられていて、厚生省が推奨している濃度は2%以下となっています。

そんな中、利用者の安全性よりも利益を優先している一部の化粧品会社も存在します。 そのような会社では、4%~10%もの高濃度を配合したハイドロキノン化粧品が販売されています。
ですが、厚生相が発表したのは、あくまでも推奨値なので薬事法違反にはなりません。

高濃度だからといって安易に飛びついてしまうと、お肌に取り返しのつかないトラブルが起こってしまいますよ!

ハイドロキノン配合のビーグレン ホワイトクリーム1.9が安全な理由

ビーグレン ホワイトクリーム1.9が安全な理由

酸化しやすいために夜の使用を推奨している

たとえ夜の使用でも、シミをこれ以上増やさないためにはUV対策はキッチリするにこしたことはありません。

UV対策については今調査中ですので、近日中に記事にします。

低濃度だから長期的な使用が可能

ホワイトクリーム1.9の名の通りハイドロキノンは1.9%と低濃度なので長期的な使用が可能なんです。

ハイドロキノンの白斑の危険性は高濃度ハイドロキノンといわれています。
5%以下のハイドロキノン化粧品の一般的な使用では白斑になったという症例は確認されていないそうです。

厚生省の推奨値の濃度

ビーグレン ホワイトクリーム1.9に配合されている濃度は1.9%になります。
厚生省の推奨する値です。

高濃度ハイドロキノンを使用したい人へ

副作用は気になるけど、もう少し高濃度のハイドロキノンを試してみたいという人は一度皮膚科で相談してみることをオススメします。

5%~10%の高濃度のものが処方されます。 処方されたハイドロキノンは保険が利きませんので、高額な費用がかかってしまいます

費用は4%の濃度で、5g 2,000円前後です。
5%以上となると取り扱っている皮膚科も少ないようです。

まとめ

肌の漂白剤といわれるハイドロキノンですが、高濃度では白斑の危険性は拭えませんが、4%以下では白斑の症例は確認されていません。

参考にしてみてくださいね!

ビーグレン ホワイトケアの詳細は公式サイトで↓↓↓

より早く、シミを消す。b.glen

スポンサードリンク

 

 

関連記事