1. ホーム
  2. ハイドロキノン
  3. ハイドロキノンの効果は絶大!危険も絶大!?

 

 

ハイドロキノンの効果は絶大!危険も絶大!?

ハイドロキノンの効果は肌の漂白剤としてとても優秀!!

それも、高濃度であればあるほど効果も絶大!!

でも、その効果が絶大であればあるほど、その副作用も強力に跳ね返ってきてしまいます

スポンサードリンク

 

ハイドロキノンの効果と危険

ハイドロキノンの効果は絶大!でも危険も絶大!?

ハイドロキノンの驚くべき効果!と危険

ハイドロキノンの驚くべき効果!と危険

シミができる仕組

紫外線やお肌への刺激でメラノサイトが活性化され、チロシナーゼを元気にします。
このチロシナーゼ(酸化酵素)がチロシンに作用することで、チロシンがメラニンに変換します。

少し詳しく言うと、チロシンというのはアミノ酸の一種。

メラノサイトチロシナーゼチロシンドーパドーパキノンメラニン
という順番でメラニンが作られます。

このメラニンが表皮で沈着してシミとなってしまいます。

ハイドロキノンの還元作用

ハイドロキノンはチロシナーゼの活性を阻害しメラニンの合成を抑制します。

チロシナーゼ抑制効果は、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタ、油溶性甘草エキス(グラブリジン)の約100倍!!

メラニンドーパキノンドーパチロシン
ハイドロキノンは、このようにメラニンをアミノ酸に戻すという還元作用によって、シミを薄くしてくれます

ハイドロキノンの危険!

ハイドロキノンの危険!

ハイドロキノンはメラニンを作り出すメラノサイトの働きを停止させて、メラニン色素を作り出す機能を低下させます。

ハイドロキノンの破壊力!

ハイドロキノンはメラノサイトを破棄する威力を持っています。

メラノサイトが破壊されてしまうと、メラニンが生成されなくなるのでお肌がダイレクトに紫外線を受けてしまい、それがダメージとなって皮膚ガンなどの重大な皮膚病になってします。
ですので、メラノサイトが完全に破壊されないために、高濃度のハイドロキノンの個人での使用や、同じ箇所への長期的な使用(2ヵ月以上)は危険といわれるのです!!

2ヶ月使用したら、使用をを休止してまた使用を始める。
といったようにお肌を休ませる期間を作って、休止期間は他の美白成分が配合された美白化粧品でスキンケアをしましょう。

ハイドロキノンのメラニンの生成を抑制する働きによって、お肌が部分的な脱色されてしまって白斑という副作用がおきてしまいます。

もし、美白化粧品のハイドロキノンの濃度が物足りない場合は、絶対に個人の判断で使用せずに医師の指示の元使用をオススメします。

※5%以下の濃度での白斑の報告はまだ確認されていません。

このような諸刃の剣の魅惑の成分ハイドロキノンは高濃度ではとても危険なんです。

そのため、美白化粧品への配合する際の濃度を厚生省が2%以下と推奨しているのです。

低濃度ではお肌への安全性は高くなりますが、シミを消すという効果は下がってしまいます

そこで、低濃度でもシミに効果的にアプローチはできるようにしたのがビーグレンのQuSomeという技術です。

ビーグレン QuSomeの浸透技術

ビーグレン QuSomeの浸透技術

お肌の表面って皮脂で覆われているから普通外から内部には浸透しにくい仕組みになっています。

QuSomeをカプセル化し皮脂に近い成分で包み込むことで表皮をすり抜けていきます

ビーグレン QuSomeのカプセルの実力

このように水溶性と油溶性の層で包み込むことによって、一気に成分が放出されるのを防いでいます

そして、シミの部分に達したカプセルが徐々に溶け出していくことで、長時間に渡ってシミにアプローチしていきます。 このピンポイントのアプローチによって低濃度でもハイドロキノンの効果を最大限に引き上げてくれるんです!!

  • 低濃度でも長時間に渡ってピンポイントにシミにアプローチ
  • 低濃度だからお肌にも安全、安心

私もこんなにシミが薄くなってきたんです!!

まとめ

ハイドロキノンの効果と、ビーグレン QuSomeの浸透技術のすごさは伝わりましたかね?

↓↓↓ビーグレンホワイトケアについての詳細は公式サイトで
より早く、シミを消す。b.glen

スポンサードリンク

 

 

関連記事

  1. ホーム
  2. ハイドロキノン
  3. ハイドロキノンの効果は絶大!危険も絶大!?

 

 

 

ハイドロキノンの効果は絶大!危険も絶大!?

ハイドロキノンの効果は肌の漂白剤としてとても優秀!!

それも、高濃度であればあるほど効果も絶大!!

でも、その効果が絶大であればあるほど、その副作用も強力に跳ね返ってきてしまいます

スポンサードリンク

ハイドロキノンの効果と危険

ハイドロキノンの効果は絶大!でも危険も絶大!?

ハイドロキノンの驚くべき効果!と危険

ハイドロキノンの驚くべき効果!と危険

シミができる仕組

紫外線やお肌への刺激でメラノサイトが活性化され、チロシナーゼを元気にします。
このチロシナーゼ(酸化酵素)がチロシンに作用することで、チロシンがメラニンに変換します。

少し詳しく言うと、チロシンというのはアミノ酸の一種。

メラノサイトチロシナーゼチロシンドーパドーパキノンメラニン
という順番でメラニンが作られます。

このメラニンが表皮で沈着してシミとなってしまいます。

ハイドロキノンの還元作用

ハイドロキノンはチロシナーゼの活性を阻害しメラニンの合成を抑制します。

チロシナーゼ抑制効果は、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタ、油溶性甘草エキス(グラブリジン)の約100倍!!

メラニンドーパキノンドーパチロシン
ハイドロキノンは、このようにメラニンをアミノ酸に戻すという還元作用によって、シミを薄くしてくれます

ハイドロキノンの危険!

ハイドロキノンの危険!

ハイドロキノンはメラニンを作り出すメラノサイトの働きを停止させて、メラニン色素を作り出す機能を低下させます。

ハイドロキノンの破壊力!

ハイドロキノンはメラノサイトを破棄する威力を持っています。

メラノサイトが破壊されてしまうと、メラニンが生成されなくなるのでお肌がダイレクトに紫外線を受けてしまい、それがダメージとなって皮膚ガンなどの重大な皮膚病になってします。
ですので、メラノサイトが完全に破壊されないために、高濃度のハイドロキノンの個人での使用や、同じ箇所への長期的な使用(1年以上)は危険といわれるのです!!

ハイドロキノンのメラニンの生成を抑制する働きによって、お肌が部分的な脱色されてしまって白斑という副作用がおきてしまいます。

もし、美白化粧品のハイドロキノンの濃度が物足りない場合は、絶対に個人の判断で使用せずに医師の指示の元使用をオススメします。

※5%以下の濃度での白斑の報告はまだ確認されていません。

このような諸刃の剣の魅惑の成分ハイドロキノンは高濃度ではとても危険なんです。

そのため、美白化粧品への配合する際の濃度を厚生省が2%以下と推奨しているのです。

低濃度ではお肌への安全性は高くなりますが、シミを消すという効果は下がってしまいます

そこで、低濃度でもシミに効果的にアプローチはできるようにしたのがビーグレンのQuSomeという技術です。

ビーグレン QuSomeの浸透技術

ビーグレン QuSomeの浸透技術

お肌の表面って皮脂で覆われているから普通外から内部には浸透しにくい仕組みになっています。

QuSomeをカプセル化し皮脂に近い成分で包み込むことで表皮をすり抜けていきます

ビーグレン QuSomeのカプセルの実力

このように水溶性と油溶性の層で包み込むことによって、一気に成分が放出されるのを防いでいます

そして、シミの部分に達したカプセルが徐々に溶け出していくことで、長時間に渡ってシミにアプローチしていきます。 このピンポイントのアプローチによって低濃度でもハイドロキノンの効果を最大限に引き上げてくれるんです!!

  • 低濃度でも長時間に渡ってピンポイントにシミにアプローチ
  • 低濃度だからお肌にも安全、安心

私もこんなにシミが薄くなってきたんです!!

まとめ

ハイドロキノンの効果と、ビーグレン QuSomeの浸透技術のすごさは伝わりましたかね?

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク