1. ホーム
  2. ハイドロキノン
  3. 老人性色素班にはハイドロキノンは効かないってホント?

 

 

老人性色素班にはハイドロキノンは効かないってホント?

老人性色素班にはハイドロキノンは効かないってホント?

老人性色素班はハイドロキノンに有効なのでしょうか?

ハイドロキノンはとても強い成分ですので老人性色素班にも有効です!!

でも、ハイドロキノンには強い副作用もあります。
正しく使わないとあなたのその老人性色素班は今よりもっと濃くなってしまうかも…

スポンサードリンク

 

老人性色素班にも効果的なハイドロキノン

みなさんが気にする一般的なシミの代表が老人性色素班です。

このシミができてしまう主な原因は紫外線です。

シミの種類に関わらず紫外線対策はしっかりしましょう。

紫外線対策について詳しく書いてますので
興味があったら見てくださいね。
驚愕!紫外線対策のシミへの危険!

老人性色素班の放置は危険!

老人性色素班の放置は危険!

老人性色素班を放置することが危険なのは知っていますか?

老人性色素班は放置してしまうと、シミがお肌に定着してしまいます。

また、このシミを放置していると、脂漏性角化症に進行してしまうといわれています。

脂漏性角化症に発展してしまうと美白化粧品では改善できないので、どうしても取りたいとなった場合レーザー治療ということになります。

そうなると費用もかかってきますし、稀に炎症性色素班というシミにまで発展してしまうことも…

ですので、
この老人性色素班を見つけたら早めの対処をすることが大切になってきます。

またお肌に定着する前なら、改善することもできます。

老人性色素班に美白化粧品は効かない!?

老人性色素班に美白化粧品は効かない!?

老人性色素班に美白化粧品が効かないといわれています。

ですが、これには理由があります。

多くの美白化粧品というのは、予防のための化粧品が多いのです。

そのため、シミに美白化粧品を使って効果がなかった
ということが起こってしまうのです。

老人性色素班にはハイドロキノン!

老人性色素班にはハイドロキノン!

できてしまったシミに唯一有効とされるのはハイドキノンだけです。

ハイドロキノンに関して詳しく
記事を書いてみましたので興味がある人は読んでみてください。
ハイドロキノンの効果は絶大!危険も絶大!?

老人性色素班にはビーグレン ホワイトケアが有効!

老人性色素班にはビーグレン ホワイトケアが有効!

このように白斑という大きな危険を伴うハイドロキノンですが、このハイドロキノンの危険を最小限に押さえつつ、高い効果を発揮させることができるのがビーグレン ホワイトケアなんです!!

確かに高濃度のハイドロキノンには高い効果と引き換えに強い副作用が伴ってきます。

ビーグレン ホワイトケアはハイドロキノンの強い副作用を抑えるために配合量は2%以下
美白化粧品に配合する厚生省の推奨値は2%です。

低濃度にすることでシミの還元作用も下がってしまいます。

↓↓↓ビーグレンホワイトケアについての詳細は公式サイトで
シミ・色素沈着

低濃度ハイドロキノンをピンポイントで効果的に!

低濃度ハイドロキノンをピンポイントで効果的に!

下がってしまった還元作用を効果的にピンポイントでできてしまったメラニンに長時間に渡って働きかけることができたとしたらどうなるでしょう。

ピンポイントでシミに働きかけることを可能にしたのがビーグレンの浸透技術QuSomeなんです!!

シミへの有効成分を水溶性の層、油溶性の層で交互に包むことで、一気に放出されることを防ぎ長時間同じところに有効成分を届けます
そうすることで、下がってしまった還元作用の効果を最大限に発揮するんです!!

※5%以下のハイドロキノンでは白斑の報告の確認はありません

まとめ

ハイドロキノンは美白化粧品では効果が得られなかった老人性色素班にも効果的です!!

↓↓↓ビーグレンホワイトケアについての詳細は公式サイトで
より早く、シミを消す。b.glen

スポンサードリンク

 

 

関連記事

  1. ホーム
  2. ハイドロキノン
  3. 老人性色素班にはハイドロキノンは効かないってホント?

 

 

 

老人性色素班にはハイドロキノンは効かないってホント?

老人性色素班にはハイドロキノンは効かないってホント?

老人性色素班はハイドロキノンに有効なのでしょうか?

ハイドロキノンはとても強い成分ですので老人性色素班にも有効です!!

でも、ハイドロキノンには強い副作用もあります。
正しく使わないとあなたのその老人性色素班は今よりもっと濃くなってしまうかも…

スポンサードリンク

老人性色素班にも効果的なハイドロキノン

みなさんが気にする一般的なシミの代表が老人性色素班です。

このシミができてしまう主な原因は紫外線です。

シミの種類に関わらず紫外線対策はしっかりしましょう。

紫外線対策について詳しく書いてますので
興味があったら見てくださいね。
驚愕!紫外線対策のシミへの危険!

老人性色素班の放置は危険!

老人性色素班の放置は危険!

老人性色素班を放置することが危険なのは知っていますか?

老人性色素班は放置してしまうと、シミがお肌に定着してしまいます。

また、このシミを放置していると、脂漏性角化症に進行してしまうといわれています。

脂漏性角化症に発展してしまうと美白化粧品では改善できないので、どうしても取りたいとなった場合レーザー治療ということになります。

そうなると費用もかかってきますし、稀に炎症性色素班というシミにまで発展してしまうことも…

ですので、
この老人性色素班を見つけたら早めの対処をすることが大切になってきます。

またお肌に定着する前なら、改善することもできます。

老人性色素班に美白化粧品は効かない!?

老人性色素班に美白化粧品は効かない!?

老人性色素班に美白化粧品が効かないといわれています。

ですが、これには理由があります。

多くの美白化粧品というのは、予防のための化粧品が多いのです。

そのため、シミに美白化粧品を使って効果がなかった
ということが起こってしまうのです。

老人性色素班にはハイドロキノン!

老人性色素班にはハイドロキノン!

できてしまったシミに唯一有効とされるのはハイドキノンだけです。

ハイドロキノンに関して詳しく記事を書いてみましたので興味がある人は読んでみてください。
ハイドロキノンの効果は絶大!危険も絶大!?

老人性色素班にはビーグレン ホワイトケアが有効!

老人性色素班にはビーグレン ホワイトケアが有効!

このように白斑という大きな危険を伴うハイドロキノンですが、このハイドロキノンの危険を最小限に押さえつつ、高い効果を発揮させることができるのがビーグレン ホワイトケアなんです!!

確かに高濃度のハイドロキノンには高い効果と引き換えに強い副作用が伴ってきます。

ビーグレン ホワイトケアはハイドロキノンの強い副作用を抑えるために配合量は2%以下
美白化粧品に配合する厚生省の推奨値は2%です。

低濃度にすることでシミの還元作用も下がってしまいます。

↓↓↓ビーグレンホワイトケアは公式サイトで
シミ・色素沈着

低濃度ハイドロキノンをピンポイントで効果的に!

低濃度ハイドロキノンをピンポイントで効果的に!

下がってしまった還元作用を効果的にピンポイントでできてしまったメラニンに長時間に渡って働きかけることができたとしたらどうなるでしょう。

ピンポイントでシミに働きかけることを可能にしたのがビーグレンの浸透技術QuSomeなんです!!

シミへの有効成分を水溶性の層、油溶性の層で交互に包むことで、一気に放出されることを防ぎ長時間同じところに有効成分を届けます
そうすることで、下がってしまった還元作用の効果を最大限に発揮するんです!!

※5%以下のハイドロキノンでは白斑の報告の確認はありません

まとめ

ハイドロキノンは美白化粧品では効果が得られなかった老人性色素班にも効果的です!!

↓↓↓ビーグレンホワイトケアについての詳細は公式サイトで
より早く、シミを消す。b.glen

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク