1. ホーム
  2. オススメ美白化粧品
  3. ビーグレン ホワイトケアの口コミから見えてくる真実!

 

 

 

シミを防ぐ保湿のための8つの要素

シミを防ぐ保湿のための8つの要素

シミを防ぐには保湿がとても重要なことを知っていますか?

お肌が保湿が足りないと、シミになりやすいことは、シミの原因は体質にあるってホント?でも書いたのですが、今回はなぜ、お肌の乾燥がシミになりやすいかについて、もう少し詳しく掘り下げてみたいと思います

スポンサードリンク

保湿不足はシミの危険度大!

シミが出来る仕組み

保湿不足はターンオーバーの乱れ

シミは茶褐色のメラニン色素という色素がお肌に留まることで出来てしまいます

メラニン色素は、お肌が紫外線などによってダメージを受けるとダメージを軽減するために生成されます

お肌が健康な状態だと、メラニン色素ができて一時的にお肌に留まっても、ターンオーバーによって自然と改善します

保湿不足はターンオーバーの乱れ

保湿不足はターンオーバーの乱れ

このターンオーバーは、お肌の水分量が大きく関係しています

お肌は水分不足になると、不要な角質が上手く剥がれ落ちてくれなくなります
お肌の保水力が下がって、水分不足になると、肌細胞が小さく硬く縮こまって細胞と細胞の間が大きくなってしまいます
そうなると、お肌のバリア機能が低下し、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます

それにより過剰にメラニン色素を作り出すことになってしまいます。

皮脂膜が水分の蒸発を防ぐ

皮脂膜が水分の蒸発を防ぐ

汗と皮脂が混ざり合ったものが皮脂膜です。

お肌の表面を覆うことで、水分の蒸発を防ぎ、摩擦抵抗を減らしてくれます
皮脂膜に含まれる脂肪酸によって、お肌は弱酸性を保っています

このように、お肌の保湿が足りなくなってくると、シミができやすくなってしまうんです。

加齢によって、お肌の水分量は減ってきてしまうので、普段の生活習慣を見直して、お肌の水分量と自前の保湿力を取り戻しましょう!!

保湿のための8つの要素

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はお肌の細胞内の水分を保持する働きがあります。

ヒアルロン酸が少ないと水分を保持できずに蒸発してしまいます

ヒアルロン酸生成に必要な食品

食べ物に含まれるヒアルロン酸は分子が大きいので吸収が悪く効果が薄くなってしまいますが、毎日摂取することで補うことができます
山芋、オクラ、モズク、納豆

コラーゲン

コラーゲン

コラーゲンは、お肌の弾力を保ち、表皮を支える土台になっています。
その他にも毛細血管により栄養と酸素をお肌の隅々にまで届けるという働きもあります。

コラーゲンは、体内でも作ることができますが、多くが骨・軟骨などに生成されてしまうので食品で補う必要があります

コラーゲン生成に必要な食品

豚足、鳥皮、手羽先、手羽元、フカヒレ、すっぽん、魚の皮、骨など。
魚の水にの缶詰は手軽にコラーゲンを摂取できますよヽ(^o^)丿

エラスチン

エラスチンはコラーゲンとともにお肌の弾力を保つのに必要な成分です。

エラスチンはたんぱく質なので、胃によって消化され手、さらに消化管でさらに小さな分子のアミノ酸に変化します。

食事でエラスチンを増やすには、エラスチンを生成する器官である“繊維芽細胞”の動きを活性化させる栄養素を摂りましょう

エラスチン生成に必要な食品

緑黄色野菜、イワシ、サケ、マグロ、海藻、きのこ、チーズ、丸ごと食べられる小魚など。

イソフラボン

イソフラボン

イソフラボンはお肌の老化防止効果があります
その他にも、コラーゲンの生成を助ける役割があります。

イソフラボン生成に必要な食品

大豆製品に多く含まれています。

ビタミンA

ビタミンA

ビタミンAは粘膜を保護して皮膚や髪の毛を丈夫にしてくれます
野菜に含まれれうビタミンAはβカロテンとも言われており、消化・吸収される際にビタミンAに変換されます。

ビタミンAを多く含む食品

鶏のレバー、うなぎ、乳製品、卵。
特に鶏のレバーにはビタミンAが豊富に含まれています。

ですが、過剰に摂取してしまうと、脱毛唇のひび割れお肌の乾燥頭痛を招くので、摂りすぎに注意しましょう。

ビタミンB6

ビタミンB6

ビタミンB6は皮膚や髪の毛の代謝を助ける役割があります。
その他にも、皮膚の炎症や肌荒れの予防効果もあります。

ビタミンB6を多く含む食品

マグロ、ニンニク、鶏のレバー、カツオ、サケなど。

ビタミンC

ビタミンC

ビタミンCは、抗酸化作用、メラニン生成の抑制、タンパク質や鉄分を結びつけコラーゲンの生成を助けます
また抗炎症作用もあります。

ビタミンCを多く含む食品

ブロッコリー、カリフラワー、赤ピーマン、キウイ、イチゴなど。

ビタミンE

ビタミンE

ビタミンEはターンオーバーを正常化し、代謝を促してくれます
また、抗酸化作用もあります。

ビタミンEを多く含む食品

アーモンド、ピーナッツ、クルミ(ナッツ類)、ひまわり油、米ぬか油など。

この8大要素の他に、成長ホルモンを分泌させることで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増加してくれます

↓↓↓成長ホルモンを分泌させる方法はこちらに詳しく書いています。
しわやたるみは改善できないの!?

↓↓↓お肌の代謝アップ、自前の保湿力アップについてはこちら
シミ、そばかすが気になったら美白コスメは正解?

↓↓↓正しい洗顔方法で乾燥肌を卒業しましょう
シミって洗顔で消すことはできるの?

まとめ

自前の保湿力を取り戻して、シミをお肌から追い出しましょう!!

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク

 

  1. ホーム
  2. オススメ美白化粧品
  3. ビーグレン ホワイトケアの口コミから見えてくる真実!


 

シミを防ぐ保湿のための8つの要素

シミを防ぐ保湿のための8つの要素

シミを防ぐには保湿がとても重要なことを知っていますか?

お肌が保湿が足りないと、シミになりやすいことは、シミの原因は体質にあるってホント?でも書いたのですが、今回はなぜ、お肌の乾燥がシミになりやすいかについて、もう少し詳しく掘り下げてみたいと思います

スポンサードリンク

 

保湿不足はシミの危険度大!

シミが出来る仕組み

保湿不足はターンオーバーの乱れ

シミは茶褐色のメラニン色素という色素がお肌に留まることで出来てしまいます

メラニン色素は、お肌が紫外線などによってダメージを受けるとダメージを軽減するために生成されます

お肌が健康な状態だと、メラニン色素ができて一時的にお肌に留まっても、ターンオーバーによって自然と改善します

保湿不足はターンオーバーの乱れ

保湿不足はターンオーバーの乱れ

このターンオーバーは、お肌の水分量が大きく関係しています

お肌は水分不足になると、不要な角質が上手く剥がれ落ちてくれなくなります
お肌の保水力が下がって、水分不足になると、肌細胞が小さく硬く縮こまって細胞と細胞の間が大きくなってしまいます
そうなると、お肌のバリア機能が低下し、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます

それにより過剰にメラニン色素を作り出すことになってしまいます。

皮脂膜が水分の蒸発を防ぐ

皮脂膜が水分の蒸発を防ぐ

汗と皮脂が混ざり合ったものが皮脂膜です。

お肌の表面を覆うことで、水分の蒸発を防ぎ、摩擦抵抗を減らしてくれます
皮脂膜に含まれる脂肪酸によって、お肌は弱酸性を保っています

このように、お肌の保湿が足りなくなってくると、シミができやすくなってしまうんです。

加齢によって、お肌の水分量は減ってきてしまうので、普段の生活習慣を見直して、お肌の水分量と自前の保湿力を取り戻しましょう!!

保湿のための8つの要素

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はお肌の細胞内の水分を保持する働きがあります。

ヒアルロン酸が少ないと水分を保持できずに蒸発してしまいます

ヒアルロン酸生成に必要な食品

食べ物に含まれるヒアルロン酸は分子が大きいので吸収が悪く効果が薄くなってしまいますが、毎日摂取することで補うことができます
山芋、オクラ、モズク、納豆

コラーゲン

コラーゲン

コラーゲンは、お肌の弾力を保ち、表皮を支える土台になっています。
その他にも毛細血管により栄養と酸素をお肌の隅々にまで届けるという働きもあります。

コラーゲンは、体内でも作ることができますが、多くが骨・軟骨などに生成されてしまうので食品で補う必要があります

コラーゲン生成に必要な食品

豚足、鳥皮、手羽先、手羽元、フカヒレ、すっぽん、魚の皮、骨など。
魚の水にの缶詰は手軽にコラーゲンを摂取できますよヽ(^o^)丿

エラスチン

エラスチンはコラーゲンとともにお肌の弾力を保つのに必要な成分です。

エラスチンはたんぱく質なので、胃によって消化され手、さらに消化管でさらに小さな分子のアミノ酸に変化します。

食事でエラスチンを増やすには、エラスチンを生成する器官である“繊維芽細胞”の動きを活性化させる栄養素を摂りましょう

エラスチン生成に必要な食品

緑黄色野菜、イワシ、サケ、マグロ、海藻、きのこ、チーズ、丸ごと食べられる小魚など。

イソフラボン

イソフラボン

イソフラボンはお肌の老化防止効果があります
その他にも、コラーゲンの生成を助ける役割があります。

イソフラボン生成に必要な食品

大豆製品に多く含まれています。

ビタミンA

ビタミンA

ビタミンAは粘膜を保護して皮膚や髪の毛を丈夫にしてくれます
野菜に含まれれうビタミンAはβカロテンとも言われており、消化・吸収される際にビタミンAに変換されます。

ビタミンAを多く含む食品

鶏のレバー、うなぎ、乳製品、卵。
特に鶏のレバーにはビタミンAが豊富に含まれています。

ですが、過剰に摂取してしまうと、脱毛唇のひび割れお肌の乾燥頭痛を招くので、摂りすぎに注意しましょう。

ビタミンB6

ビタミンB6

ビタミンB6は皮膚や髪の毛の代謝を助ける役割があります。
その他にも、皮膚の炎症や肌荒れの予防効果もあります。

ビタミンB6を多く含む食品

マグロ、ニンニク、鶏のレバー、カツオ、サケなど。

ビタミンC

ビタミンC

ビタミンCは、抗酸化作用、メラニン生成の抑制、タンパク質や鉄分を結びつけコラーゲンの生成を助けます
また抗炎症作用もあります。

ビタミンCを多く含む食品

ブロッコリー、カリフラワー、赤ピーマン、キウイ、イチゴなど。

ビタミンE

ビタミンE

ビタミンEはターンオーバーを正常化し、代謝を促してくれます
また、抗酸化作用もあります。

ビタミンEを多く含む食品

アーモンド、ピーナッツ、クルミ(ナッツ類)、ひまわり油、米ぬか油など。

この8大要素の他に、成長ホルモンを分泌させることで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増加してくれます

↓↓↓成長ホルモンを分泌させる方法はこちらに詳しく書いています。
しわやたるみは改善できないの!?

↓↓↓お肌の代謝アップ、自前の保湿力アップについてはこちら
シミ、そばかすが気になったら美白コスメは正解?

↓↓↓正しい洗顔方法で乾燥肌を卒業しましょう
シミって洗顔で消すことはできるの?

まとめ

自前の保湿力を取り戻して、シミをお肌から追い出しましょう!!

スポンサードリンク

 

 

関連記事